サバイバルゲーム 服装 ゴーグル

サバイバルゲームについてまったく知識のない人は、その印象だけで暴力的で野蛮なゲームだと感じてしまうケースがあるようです。しかし、その考え方はむしろ真逆で、一度その魅力にとりつかれたらこれほどチームワークを大切にし、命の尊さを実感できる道徳的なゲームはないといっても過言ではないのです。

 

まず、サバイバルゲームはその名の通り、生き残りをかけたゲームです。エアガンをただ的に向かって撃つというような単純な遊びではありません。ですから、たとえ初心者といえども服装からしっかりこだわらなければなりません。手に持つ武器と弾が偽物であるだけで、やっていることは実際の戦争体験と同じなのです。短パンやサンダルなどではケガをしてしまいます。必ず長袖長ズボン、できれば迷彩服でプロテクターなども装備をしておいた方が良いでしょう。

 

外見からサバイバルゲームの世界観に入っていくことでバーチャルの世界では味わえないスリルを体感できます。もうひとつ、注意しておきたいのがゴーグルです。当然実弾ではないので、ルールを守っていれば、身体にあたってもケガをするようなことはありません。しかし、眼球においてだけは別です。いくら秩序を守ってゲームを行っていても、人間が行うことに失敗はつきものです。

 

万が一目に弾があたってしまうと失明の危険性もあります。必ずゴーグルを装着するようにしましょう。安いゴーグルも売られていますが、それではあまり意味がありません。身の絶対的安全こそが楽しいサバイバルゲームの世界の入り口となります。安物でゴーグルのレンズごと割れてしまってはケガの可能性が高くなります。目を守るゴーグルと、できればフェイスプロテクターについては多少費用を出して良い物を揃えることをおすすめします。